New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
アダム・リッポン選手FS 「Concerto for Violin and Orchestra」 @Four Continents 2010

Name:Adam Rippon (USA)
Age:20
Coach:Brian Orser
Music:Concerto for Violin and Orchestra by Samuel Barber
Choreographer:David Wilson

Total Element Score : 82.52
Program Component Score : 73.70
Total Segment Score : 156.22


久しぶりにルールの勉強をしようと思ったのですが、知識を増やすどころか忘れてることを思い出すのに精一杯。。観る側にも精進が要りますね…!

こちらも昨シーズンのお気に入り、アダム・リッポン選手のFS「Concerto for Violin and Orchestra」。
清廉な彼にぴったりな、爽やかで清清しいプログラムですよね〜^^

動画は四大陸選手権のときのものです。この大会は全米選手権の直後で、五輪出場が叶わなかったリッポン、ブラッドリー、ムロズ達が(おそらく)失意の中出場した大会。SPは精彩を欠き7位という順位で最終Gにも残れなかったリッポンでしたが、FSは素晴らしい演技!後半になるにつれ疲れていくどころか、どんどん勢いを増していくのがいい!演技後のガッツポーズが、ファンにとっては何より嬉しいご褒美でした。


※ここからは個人的にルール・技の勉強をするために、各要素で何をやっているのか書き出してみたものです。
知識が浅いので、間違いもあると思われますので、もしご覧になってくださる方はその前提で。。そして正しい内容がわかる方、ぜひ教えていただけると幸いです。


1 3F+3T (BV:9.50、GOE:1.00)
コンビネーションから入ります。最初のジャンプの着氷時にエッジがかなり斜めになっていて素人目にはひやっとしましたが、問題なかった模様。

2 3A+2T(BV:9.50、GOE:1.00)
課題のトリプルアクセル。長めに助走を取ってえいやっ。決まった!!2Tもつけました。世界選手権ではこの2Tがつけられなかったんですよね。

3 CiSt3(BV:3.30、GOE:0.60)
相変わらず片足のターンとツイズルしかわかりません…。「モホーク!」とか「クロスロール」とかわかるようになるのは一体いつの日か…。
あ、今回ちょっと進歩したのはクロスシャッセがわかるようになったことです。

それはさておき、このステップはちょっと元気がなかったかなー。


4 CCoSp4(BV:3.50、GOE:0.40)
最初のスピンはコンビネーションスピン。男子選手で、キャメルの難しいポジションが取れるのは有利ですね〜。
しかもチェンジエッジしてRFIで回りながらです。すばらすぃ。そしてチェンジエッジしてもスピードが落ちず、
軸もあまりぶれないですよね。スピンの巧さはこの大会で際立ってたように見えました。

バックエントランス
♯キャメルスピンの基本姿勢
チェンジエッジ
♯キャッチフット?(キャメルスピンの難しいバリエーション
♯足換え
♯キャノンボール(シットスピンの難しいバリエーション
♯アップライト


5 3Lo(BV:5.00、GOE:1.40)
惚れ惚れするようなスパイラルから、すーっと流れに乗ってスリーターン→3Lo。素敵!加点1.40も納得。

6 3A(BV:9.02、GOE:0.60)
後半の3A。鬼門のジャンプですがクリーンに決めました!つなぎの動きがシンプルになったなと思ったらそれは3Aの合図です(笑)
そこは仕方ないですね。個人的にはすーっとただ滑っている部分も好きなので、あまり気になりません。

7 3Lz(BV:6.60、GOE:1.60)
本当の見せ場はここからです。後半で初めての3Lz!片手を上げての3Lz!!

8 3Lz+2T+2Lo(BV:9.68、GOE:1.60)
と思ったら今度は今度は両手を上げて3Lz!しかもまさかの3連続!!
ここがハイライトですよね〜。なんともニクイ構成。やられた!(笑)万が一つなぎが一切なかったとしても、このジャンプが音楽の、プログラムの“表現”になりそう。
(知っている人にも)「うわぁ」と言わせる構成で、曲も雰囲気も盛り上げる。「ジャンプが音楽に合っている」ってどういうことやねんと思うときもあるけど(笑)、こういうジャンプなら確かにそうかもと思います^^


9 2A(BV:3.85、GOE:1.00)
こちらもスパイラルのような動作をしてから2A。降りたあとの流れ、余裕のある美しい手の下ろし方。高い加点がつくのもわかるかも。

10 CSSp4(BV:3.00、GOE:0.70)
最初の難しいバリエーションは、しっかりとポジションをとってから10回転しています。偉い。
ずっとほぼ同じところで回ってて安定したスピンでした。最後のパンケーキはブロークンレッグが足りなかったときの保険?
なんにしてもシットスピンでも難しいバリエーションが豊富で素晴らしいですね。

♯キャノンボール(シットスピンの難しいバリエーション同じ姿勢で8回転
♯足換え
♯ブロークンレッグ(シットスピンの難しいバリエーション
チェンジエッジ
♯パンケーキ(シットスピンの難しいバリエーション

11 SlSt3(BV:3.30、GOE:0.80)
来ましたストレートラインステップ。こっちのほうが勢いがあってよかったかも!後半のメロディが変わる部分が大好きです。
密度も濃く素敵なステップに見えましたが、直後に大ちゃんのステップを見たら、一蹴りの伸びとスピード感が別次元…。
いや、大ちゃんと比べるのは可哀想ってもんですよね。でもシニアではそういうレベルの選手達と戦っていくわけで…が、頑張れリッポン。。

12 3S<(BV:1.43、GOE:0.14)
見事なバレエジャンプの後に、最後のジャンプ3S。回転不足になっちゃいました。惜しい!
でも流れのあるジャンプでしたね。−を付けているジャッジも2人だけ。

13 FCCoSp4(BV:3.50、GOE:0.50)
最後はフライングから入るスピン。アラビアン→バタフライの入り方ですね。
これはコンビネーションである必要はないと思うのですが、2個目のコンビネーションスピンです。
他に2つのコンビネーションスピンを入れているのはショーン・ソーヤー選手(何かわかる・笑)と我らが中村健人選手でした。

バタフライ
♯キャメルの基本姿勢
♯ドーナツスピン(キャメルスピンの難しいバリエーション
♯足換え
♯キャノンボール(シットスピンの難しいバリエーション
♯足換え
♯チェンジエッジ
♯アップライト
チェンジエッジ
♯アップライト

ドーナツスピンが出来るのはすごいですね〜☆ 来季から、ある難しいバリエーションがレベルを上げる要件に数えられるのは、1つのプログラムで1度まで(例えば今回で言うと、太字部分は前のスピンでやっているので、レベルを上げる要件に入らない)となるそうですが、彼は問題なさそうですね。万が一今回出てきたポジションしかできないとしても2度目のキャノンボールをパンケーキに変えれば大丈夫ですよね?きっと他にも出来るでしょうし…

+++++

ちょっと苦手にしている3A以外は、入る前や空中姿勢に工夫があって、見応えのあるプログラムではないですか〜☆
ジャンプ前のスパイラルポジションなどもスムーズで違和感がなくていいな。

五輪に出られなかったのはとってもとっっても残念だったけど、世界選手権に出られることになって、そしてなんと初出場で6位入賞という好成績で本当によかったです。
来季はGPシリーズはもちろん世界選手権の表彰台を目指して頑張ってほしいな。
posted by: さきんこ | フィギュアスケート | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - | - | - |
私もこのプログラム大好きです。
3Lzでのタノの動作、本当に美しいですよね。世界選手権で見てびっくりしてしまいました。
スピードや着氷以外でも「ジャンプ美」は作り出せるんだな〜、と感心しました。

コンビネーションスピンを2つ入れていたのですね!
ドーナツやビールマンなどの難しい姿勢、そしてそこへ入る動作の滑らかさなど、本当にリッポン選手の良さが活かされていると思います。
(スピンに関しては、ソーヤー選手の名前が横にあるだけでとても心強いです)

ルール変更に関する記事も興味深く読ませていただきました。
スピンのレベル取りが難しくなりそうと聞き、リッポン選手が本領発揮したら凄いだろうなとわくわくする反面、日本選手は大丈夫かなと心配になったりもします。

いつも詳しい解析・解説をありがとうございます^^
| mafuyu | 2010/06/13 6:54 PM |
>mafuyuさん

いつもありがとうございます♪

タノルッツ素敵ですよねー!トリプルジャンプでタノジャンプする選手はほとんどいない印象なので、目立ちますよね☆

スピンも得意なようですね^^ 試合観てるときはスピンの構成とか当然ながら把握してないので、記事を書くためにじっくりプロトコルを見てふむふむ…ってやってます。。

私の理解であっていれば、スピンの要件変更は特に男子選手は心配ですよね…。今ごろ、一生懸命練習してるんでしょうね(>_<)

| さきんこ | 2010/06/14 12:02 AM |









この記事のトラックバックURL
http://sakinko1981.jugem.jp/trackback/386
トラックバック