New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
2010年-2011年ルール変更? <スピン>
続いてスピンです。 念のため再度書かせていただきますが、私はスケートを片足で滑ることも出来ない人間で、もちろんフィギュアスケートをやったこともなく、2次元の情報からだけで何とか知識を得ようとしているずぶの素人です。。

ルールを詳しく勉強したい!との思いからISU Communication No. 1611 を整理しようとしているまでですので、正しいルール改定の説明とは受け取らないでいただけますようお願いいたします。。そして間違いを発見された方、ご遠慮なくコメントくださると幸いです。


  
<スピン>
 ※下線が変更箇所

1) A difficult variation in a basic or (for spin combinations only) in an intermediate position

2) Another difficult variation in a basic position which must be significantly different from the first one and:
spin in one position with change of foot – on different foot than the first one
spin combination without change of foot – in different position than the first one
spin combination with change of foot – on different foot and in different position than the first one

3) Change of foot executed by jump

4) Backward entrance/Difficult variation of flying entrance/Landing on the same foot as take-off or changing foot on landing in a Flying Sit Spin

5) Clear change of edge in sit (only from backward inside to forward outside) or camel

6) All 3 basic positions on both feet

7) Both directions immediately following each other in sit or camel spin

8) At least 8 rev. without changes in pos./variation, foot or edge (camel, sit, layback, difficult upright), counts twice if repeated on another foot


Additional features for the Layback spin:

9) One change of position backwards-sideways or reverse, at least 3 rev. in each position (counts also if the Layback spin is a part of any other spin)

10) Biellmann position after layback spin (SP – after 8 revolutions in layback spin)


Backward entry, change of edge and any type of difficult spin variation count as features that can increase the Level only once per program (in the first spin they are attempted);

The following requirements are mandatory for Levels 2 – 4 both in Short Program and in Free Skating:
 a) for Spin Combinations with change of foot all 3 basic positions;
 b) for Spins with change of foot at least one basic position on each foot.

In any spin with change of foot the maximum number of features attained on one foot is two (2).


1) 基本姿勢での 1 つの難しいバリエーション.(スピン・コンビネーションでは)中間姿勢でもよい
 →変更無し。

2) 基本姿勢での、1つ目とは著しく異なる別の難しいバリエーション
 →下線部分が追加。
  「著しく異なる」かどうかは試合で試すまでわからないと思うので、
  来シーズン初めはレベル取りに苦労する選手が出てくるでしょうか。。

 →また、スピンの種類に応じて下記の通り規定されます。
   ・足換えスピンは、1つ目とは異なる足で
   ・足換えの無いスピンは、1つ目と別の姿勢で
   ・足換えのコンビネーションスピンは、1つ目とは異なる足および異なるポジションで
   昨シーズンの規定が私にはとんち??に見えるのですが…足換えスピンは
  「同じ足で異なる姿勢」でもOKだったってこと???だとしたら、実質的な変更は
  その部分だけで、あとは書き方が変わっただけということになるのでしょうか。

今回発表された内容↓
spin in one position with change of foot – on different foot than the first one
spin combination without change of foot – in different position than the first one
spin combination with change of foot – on different foot and in different position than the first one

2009-2010シーズン↓
● 1 姿勢の足換えなしのスピンおよびフライング・スピン
  – 1)のものとは異なるもの
● それ以外の全てのスピン
  – 1) のものとは異なる足および/または異なる姿勢で行うもの



3) ジャンプによる足換え
 →以前は「難しい足換え」だったので、変更。
  at least 2 revolutions before and after the jump in basic positions
  とあり、前後に基本姿勢で2回転以上必要なようです。


4)バック・エントランス/フライング・エントランスの難しいバリエーション/フライング・シット・スピンで踏み切り足と同じ足で着氷または着氷の際に足換え
 →変更無し。


5) シットスピン(バックインサイドからフォアアウトサイドのみ)またはキャメルスピンでの明確なエッジの変更
 →以前は「一つの基本姿勢での明確なエッジの変更
   (この特徴はどのスピンでも1 回しか数えない)」だったので、変更。
  鈴木明子選手がレイバックでチェンジエッジをしていましたが
  (荒川さん曰くすごく難しいらしい)、これはカウントされなくなるのでしょうか。。


6) 左右の足とも、3 基本姿勢すべてを含む
 →以前は「3 基本姿勢すべてを含む
   (足換えを伴うスピンでは – 左右の足とも3 基本姿勢全てを含む)」だったので、変更。

   でも以前のだと足換えのないコンビネーションスピンで3つ全ての基本姿勢でも
   よかったということ…?え?そんなわけないかな??どっかに注釈があったりして…


7)シットスピンまたはキャメルスピンで、ただちに続けて行う両方向のスピン
  →下線部分が追加。
   レイチェル・フラット選手がコンビネーションスピンでやっていたと思いますが、
   シットorキャメルの単一姿勢のスピンのみになるということでしょうか。


8) 姿勢/バリエーション、足、エッジを変更せずに少なくとも8 回転(キャメル、シット、レイバック、難しいアップライト).左右の足とも行った場合には2 回数える
 →変更無し。昨シーズンも多くの選手が取り入れていましたね。


☆レイバックでは下記の要件も考慮される。

9) バックからサイドまたはその反対に1 回の姿勢変更.各姿勢少なくとも3 回転.(他のあらゆるスピンの一部分としてレイバック・スピンが行なわれた場合も数える)
 →下線部分が以前は「コンビネーション・スピン」でした。
   アップライトの一部としてやる場合もOKということ…???


10) レイバック・スピンからのビールマン姿勢 (SP – レイバック・スピンで8 回転してから)
  →変更無し。



☆その他、全体の注意事項

今回発表された内容↓
Backward entry, change of edge and any type of difficult spin variation count as features that can increase the Level only once per program (in the first spin they are attempted);

2009-2010シーズンで、上記に該当すると思われる内容↓
・バックワード・エントランスはレベル特徴として数えられるが、カウントされるのはショート・ プログラムおよびフリー・スケーティングともそれぞれ1 つのスピンのみである。その際、 最初に試みたものが考慮される。
・エッジの変更は、どのスピンでも1度しかカウントしない。
→チェンジエッジ、難しいバリエーションの全てのタイプは、
  プログラムに付き1回しかレベルを上げる要件に数えられない
  (最初に試みたものが考慮される)ということだと思われます。

  別の単一姿勢のスピンでやった難しいバリエーションは、
  その後のコンビネーションスピンでやってもレベルを上げられないとうことでしょうか。

  だとすると、シットスピンを多く入れている男子選手等はかなり大変になるのでは…
  スピンのバリエーションの少ない私の(!)アモディオが心配です。


今回発表された内容↓
The following requirements are mandatory for Levels 2 – 4 both in Short Program and in Free Skating:
 a) for Spin Combinations with change of foot all 3 basic positions;
 b) for Spins with change of foot at least one basic position on each foot.

2009-2010シーズン↓
足換えを伴うスピン・コンビネーションでは、3 基本姿勢全てを含むことがショート・プログラムではレベル2-4 となるために、フリー・スケーティングではレベル4 となるために必須である.
→コンビネーションスピンで3基本姿勢を含むことは、
  フリーではレベル4のみの必須条件でしたが、レベル2・3でも必須となるようです。

 また、コンビネーションではない足換えのスピンでも、
 それぞれの足で基本姿勢を含まなければいけない(=中間姿勢ではいけない?)
 となるようです。



今回発表された内容↓
In any spin with change of foot the maximum number of features attained on one foot is two (2).
→足換えを伴うスピンでは、一方の足で獲得することができる特徴の数は最大2個である。
   以前は3個でしたので、こちらも変更ということになります。

posted by: さきんこ | フィギュアスケート | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:39 | - | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://sakinko1981.jugem.jp/trackback/383
トラックバック