New Entries
Category
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
Search
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
浅田真央選手、ありがとう。
銀メダルおめでとう!素晴らしい演技だった。ショートプログラムも、フリーも。

浅田真央選手が、こんなに強い選手だということを知らなかった。「乗り越える」をテーマに、『強い自分を見せたい』とこだわってきた"鐘"。伝わりました。あなたのこの五輪の舞台での演技全てで、強い浅田選手、強い気持ちがしっかりと伝わりました。技術はもちろんもともと素晴らしかったけど、滑りで何かを伝えられる選手になってくれたことを本当に嬉しく思っています。

はじめての五輪での銀メダル獲得、素晴らしいです。史上初のショートプログラムでのトリプルアクセル、史上初のフリーで2回のトリプルアクセル。この記録は永遠に残ります。ショートで4回転を跳ぶ女子が出てきても、この記録は"塗り替える"ことはできません。誇りに思ってください。タラソワコーチの言うとおり、「誰にもできない」今回出場した選手が「誰もやろうとすら思わない」プログラムをやり遂げました。この演技を一生忘れません。今までフィギュアスケートを見てきた中で一番感動した試合でした。本当にありがとう。


浅田選手が乗り越えたもの――


ショートとフリー、合わせて3回のトリプルアクセル。男子でも3つ成功させることは大変難しいことです(男子はフリーの演技時間が長いですし、ジャンプの数も違います。そして多くの選手が3回転−3回転を入れてきますので、 男子並みと言うのは間違いで、そもそも比べること自体ナンセンスですが、今日ぐらいはあえて言わせてください)。
トリプルアクセル2回という点だけ言ったら男子で金メダルをとったライサチェクと同じですよ。常人のなせる技ではないです。男子の試合を見ていても、3回転−3回転よりもトリプルアクセルで失敗する選手のほうが多い。しかも浅田選手だって、1昨年のシーズンまでは不安定だった。今シーズン初めもてんで決まらなかった。日本のメディアはもちろん、海外や解説者までも「無謀だ」と言う中で、貫きと通したこだわり。練習して練習して練習して、五輪ではまさに百発百中でした。いつも思いますがこの有言実行は本当に素晴らしいです。
代々木でのNHK杯のとき、こんなプログラムを見ることはこの先ないと思いました。こんなのまぐれでたまに出来るだけ。何度も観られるようなものじゃないと。一緒に無理やりつれてきていた連れ合いにも、「こんなの観られるのめったにないことだから、立ちな!」とスタンディングオベーションを強制しました。なのに、その後の試合で2回も3回も同じことをやってみせ、しかも認定を勝ち取り…もう何て言っていいのかわかりません。。3回転3回転は2個目を失敗しても1個目の基礎点が残りますが、トリプルアクセルはパンクしたら終わりです。20点近く失います。他に大技がないので、取り戻すこともできません。この上なくリスクの高い挑戦だったのです。ロシェット選手との点差から、私は銀メダルも危ういと思ってました。なのに…本当に言葉もありません。

そして「重い」「暗い」と不評だったラフマニノフの「鐘」。こんな曲で滑る選手が他にいるでしょうか。1年前までの浅田選手が、この曲に負けずに滑れたでしょうか。去年の「仮面舞踏会」のこともあり、個人的には選曲に対して全く心配していませんでしたが。でも本当に珍しい選曲で、唯一おっと思ったのは今回の表彰式のとき。選手が登場するときにフリーの曲がかかるんですよね。さすがにあの場では違和感ありました・笑。 まぁそれだけ、こういった曲で滑る人は少ないんだと思うことにします。
話が脱線しましたが、「鐘」に浅田選手が強いこだわりを持っていることが今季は嬉しかったです。チャルダッシュは、予想を超える身体的成長のせいか雰囲気に合っていなかったし、幻想即興曲は「きれいな曲で雰囲気に合ってるけど、何を表現したいのかな?」とその意図までは私には理解できいませんでした。「仮面舞踏会」もトリプルアクセルへの果敢すぎる挑戦が曲の荘厳な雰囲気と合っていていいなと思ったけど、やはり浅田選手が曲にどういった思いをこめているのかまでは強く伝わってこなかった。でもこの「鐘」は、「どんな状況でも負けたくない。勝ちたい。どんなに困難でも乗り越えてみせる」という浅田選手の気迫が、ひしひしと伝わってきました。どの試合でも(たぶん)、ストレートラインステップでは実況も解説も言葉を失う。思わずしゃべるのを忘れて見入ってしまう。こんなに魅せられる選手だっただろうか。こんなに観客の心を揺さぶる選手だっただろうか。去年以上に、もはや浅田選手について表現力が課題と言ってのける人は減るでしょう。その人は、浅田選手の演技をまともに観ていないんだと思います。

それだけではなく、今回はショートプログラムもフリーもスピン、スパイラルでレベル4を揃えました。
これまでいかにとりこぼしが多かったことか。。07年世界選手権だってレイバックすピンでレベルを取りこぼさなければ優勝だった。優勝した世界選手権でもスパイラルでショートはレベル1を獲ってしまった。あの異次元に美しいスパイラルも、レベルを獲れず加点も稼げないことが多かったのです。
それを今回は全てレベル4。四大陸でショートプログラムはレベル2の判定を受けたステップも、実質最高レベルのレベル3。密度が非常に濃いこともあって、全体的に加点の少ない浅田選手のプロトコルの中で高い加点をもらっています。コンビネーションの2個目、3個目の回転不足もしっかりと修正してきました。もう五輪では現状のプログラムで含んでいた欠点を全て克服してきたと言ってもいいはず(プロトコル上)。ここまで仕上げるのにどこまで努力したんでしょうか。

浅田真央選手はジャンプだけではない。ジャンプだけでも超人的なのに、スパイラルは女性選手の中でも際立って美しく、スピンも高速で回れる。体力も桁違いにあり、プログラムの最後に素人目に見ても複雑なステップを滑りこなす。こんな全て兼ね揃えた選手がいるでしょうか。たくさん欠点はあります。ルッツのエッジ違反、サルコーも苦手で5種類のトリプルを入れられない、ジャンプに入る前のスピードがない…他にもいろいろ。でも、それを補って余りありすぎる才能ではないでしょうか。


何より感動したのは、あのキム・ヨナ選手の演技のあとで、しっかりと自分を見失わずに演技をしたこと。私は、ショートプログラムでノーミスの演技をしたにも関わらず、キム・ヨナ選手と5点近くの差がついたことでモチベーションが下がってしまわないか心配していました。スルツカヤがトリノ五輪のときに、ショートプログラムの点数でジャッジが自分に勝たせる気がないことを悟り、荒川選手の出来を見て完全に自分を見失ってしまったのを観ていたので…(彼女の心理状態が本当にそうだったかはわかりませんが、ショートプログラムの点差は「あなたに勝たせる気はありません」と選手が受け取っても仕方ない打撃はあったと思います)でも浅田選手は、観ていたかはわからないけどあの点数の後で、しっかりと自分の演技に集中していました。プレッシャーのかかるトリプルアクセルも、2回ともしっかりと決めた。後半のフリップでは、回転が足りず降りてきてしまったけど、残る連続ジャンプを意地で跳んだ。見た目クリーンに降りても2回目を回避することもままあった選手がです。本当に成長しました。

ただ、ここで不安になったのか、次の3Tで氷にひっかかり、跳ぶタイミングを失ってしまいました。
本人も「すぐ跳べばよかったのに、時間が足りなくなるかもと考えたりしてしまった」と迷ったことを悔やんでいました。でも07年のグランプリファイナルのショートプログラムのことを思い出せば、結果シングルになってもその後ジャンプを跳ぼうとした彼女に拍手を送りたいです。よくがんばった。この舞台にかける思いが伝わりました。



どれだけ才能があっても、オリンピックでその才能を発揮でいない選手はたくさんいます。
こんなにも才能があるのに、どうしてよりにもよってこの舞台で…と、たくさんの選手の演技を見て胸を痛めました。今回のオリンピックでも何度も泣きました。トリノでは、最終グループで思うような演技を出来た選手がほとんどおらず、荒川選手の優勝が決まったときは嬉しい半面ショックがぬぐいきれなかった。


五輪でいつもの演技なんてできないし、できなくて当然。
なのに、トリプルアクセルというパンクしたら致命傷の大技に3回も挑むという。
メダルを取れなくてもおかしくないと思っていました。
だから銀メダルを取れたこと、ファンとしては本当に嬉しい。
銀なら余裕だったんだろうと思っている人もいると思いますが、全く違います。
トリプルアクセルを絶対にパンクさせないところまで精度を高め、他のジャンプも回転不足を取られず、スピン・スパイラル・ステップでも狙ったレベルを全て取れるよう努力した成果です。
1つでも欠けていたら表彰台にあがれなくてもおかしくなかった。
だから本当に、浅田選手のことを誇りに思います。
ファンでいてよかった。応援してきてよかった。五輪で、素晴らしい演技をありがとう。


でも更にびっくりしたのは、浅田選手が演技後のインタビューで、言葉が出ないほど泣いていたこと。あんなに泣いている姿を見たのは07年の世界選手権以来です。浅田選手はこんなにも不利な状況の中で、本気で金メダルを目指していた。ミスをしてしまったこと、自身の理想の演技をできなかったことを悔やんでいた。ファンは十二分によくやったと思っているのに、本人はこんなにも悔しがっている――。

浅田選手はまだまだ成長する。
これまでもファンの想像を遥かに超えて成長してきた選手です。

「ラベンダー」を観たときは、「ノクターン」もものすごく美しかったのに、1つ1つの所作が比べ物にならないほど美しくなってきた。
世界選手権で冒頭のトリプルアクセルで跳ぶ前で転倒しても、シーズン通じて回りきれていなかった3F+3Tを完璧に降りた。
前のシーズンまで不安定だったトリプルアクセルという大技を、何とフリーで2回も入れられるようになった。
そして今シーズンはショートプロラムにまで入れてきた。
フリープログラムで自分の思いを表現できるようになった――。

浅田選手はいつも見る側の想像を超えてきました。今回の悔しさを経て、もっともっと成長するに違いない。彼女のこれからのプログラムを見るのが、ますます楽しみになりました。


今日はいっぱい感動していっぱい泣いた五輪のフィギュアスケートの中で、一番感動して一番泣いた日でした。浅田真央選手、本当にありがとう。あなたは悔しがっていたけど、見る人の心に訴えかける素晴らしい演技でした。ファンの期待には、1000%応えてくれました。もし今回の五輪を振り返ることがあっても、「多くの人が期待してくれていたのに申し訳ない」とは一切思わないでください。ずっと観てきたファンは、あなたの演技がどれだけ素晴らしかったか知っています。試合を観たファンは、とてつもないプレッシャーがかかる滑走順だったこと、その中で素晴らしいトリプルアクセルを決め、スパイラルで(ジャンプでもステップでもなくスパイラルで)大歓声を浴びていたことを知っています。


今日のこの演技を、一生忘れません。
これからフィギュアスケートを観ていく中でも、心の宝物にしていきます。
お疲れ様、本当にありがとう。




posted by: さきんこ | 浅田真央選手 | 16:50 | comments(6) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:50 | - | - | - | - |
フィギュア女子フリー、レベルの高い戦いでした
キム・ヨナ選手はやっぱり強かった
でも真央ちゃんも頑張りました。立派な銀メダルだと思います
| ぱる | 2010/02/26 7:29 PM |
コメントありがとうございます!
ほんとキム選手には脱帽でしたね。
でも素晴らしい戦いだったと思います。
| さきんこ | 2010/03/02 1:22 AM |
オリンピックのフィギュアのあと、あまりの点差に作為を感じ、後味の悪い思いでいましたが、この記事を読めてよかった。本当に、同感です。
| よかこ | 2010/03/02 12:40 PM |
女子フィギュアのフリー当日、移動予定だったので、新幹線の中で、ワンセグ観戦を目論みました。
が、真央ちゃんの演技になって電波が入らなくなり、一瞬映ったのが、恐らく演技直後の表情でした。
その表情を見て、「あぁ、思うとおりの演技が出来なかったんだな」と悟りました。
夜、宿泊先でつけたTVで見たインタビューに答える姿も痛々しくて…
だから、帰宅してからも、なかなか演技の映像を観る勇気がもてませんでした。

何日か、色々な記事やブログを拝読して、やっと、昨夜になって『鐘』を観ました。
色んな想いがないまぜになって、こみ上げてくるものを感じました。

私はフィギュアスケートの技術的なことやジャンプの種類やそういったことは全く分りません。恥ずかしながら、真央ちゃんに苦手なジャンプがあるということすら把握できていなかったド素人です。
(こちらの記事で色々書いて下さっていたので、勉強になりました)

でも、それでも、『伝わってくるもの』はわかります。
終盤のあのステップ、どんなに体力を消耗するか、どれほどの集中力が必要か、くらいはわかります。
ミスをしても、その後、あそこまで演技をまとめあげる精神力、そして気迫、すごい、と何度観ても思います。

だからこそ、の涙だったんだろうな、とも…
私たちファンが納得しても、たとえ優勝しても、いつも、「パーフェクト」にこだわる真央ちゃんですが、今回はいつも以上にこだわっていたでしょうから。

「真央はスケートに関してはしつこいよ」
とどこかで語っていたそうですが(真偽のほどはわかりません)、そんな真央ちゃんだからこそ、成長し続けることができるのでしょうね。
これからも、真央ちゃんの成長を楽しみに見守りたいと思います。

私にとっての救いは、真央ちゃんが、五輪、という他の大会とは全く違う舞台を、心から楽しんでいる様子だったことです。
金メダルはもちろん欲しいでしょうし、私も真央ちゃんならできると思っていますが、五輪って、それ以外にも多くのものを得られる場なんでしょうね。

真央ちゃんに、五輪というのがどういうものなのか、改めて教えられた気がします。
演技も素晴らしかったけれど、一競技者として、日本を代表する選手の一人として、真央ちゃんを誇りに思います。

真央ちゃん、有難う。
(やっぱり言いたい)大好きですw

※長文になってしまい申し訳ありません。
| こと | 2010/03/03 12:34 AM |
コメントありがとうございます!よりによってそのタイミングで見られなくなるとは…ショックですね。。本人ががっかりしてしまっているのを知ってしまうと、演技を見るまでに時間がかかりますよね…

私が昨日見たインタビューでも、「スケートに関しては頑固だ」ということを本人が言っていました。素晴らしいことですよね。その頑固さがなかったら、この素晴らしい「鐘」は見られなかったと思いますし。

演技直後は悔しさでいっぱいのようでしたが、メダルを授与され、周囲から祝福され、嬉しさも少し沸いてきたようですね。「素晴らしかったよ」「感動したよ」「有難う」と伝えることは、大事なことなんだと実感しました。


丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました!
| さきんこ | 2010/03/04 7:56 AM |
MURMUR別館と南元彦この2つのブログで両選手の静止画像動画画像で技術の違いをわかりやすく検証してました。興味深かったです。
自分なりに今回のオリンピックに対しては複雑な気持ちでいっぱいです。2年前まではキムヨナ選手は好きな選手でしたけれど最近は苦くて悲しくなります。
こちらのブログ立ち寄らして頂いて真摯にフィギュアスケートがお好きな印象うけました。できたらMURMUR別館と南元彦のブログを読んでどう感じられるのか!?と…。正直自分で持て余してますのでたくさんの方々にご意見を伺いたいです。
| 葛葉 | 2010/03/08 2:40 PM |









この記事のトラックバックURL
http://sakinko1981.jugem.jp/trackback/352
トラックバック
2010/02/26 10:44 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-